ご相談・お問合せ

用語集

用語集一覧

■ 手すり

●手すりとは

手すりとは、階段やベランダ、窓、廊下などに取り付けて人の落下を防いだり行動の補助に使用される、柵状、または横木状のものを言います。

多くは建築物の一部として予め設置しますが、最近では、バリアフリー対策で設置する例も増えています。

 

●手すりの種類

使用目的によって補助手すりと墜落防止手すり柵とに分けられます。

 

補助手すりは、トイレや風呂場などで、手で掴んで行動の補助とするもの、後者は屋上やバルコニーなどからの落下を防止するために膝から胸の高さ程度に作られる柵状のものです。

 

階段に沿って作られるものは補助手すりと墜落防止手すり柵の両方を兼ねています。

 

日本の建築基準法では、階段とその踊り場や、2階以上のバルコニーや屋上などには、手すりを設置することが義務付けられています。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問い合わせは03-3251-1101

営業日:月~金
※年末年始・祝祭日を除く

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページに掲載されている料金は、全て通常価格となっております。
製品をご要望のお客様、または施工・工事等に関するご相談、納期に関する問合せ、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。 弊社担当からご連絡差し上げます。お客様のご要望に応えられるよう、精一杯努力いたします!

ページの先頭へ