ご相談・お問合せ

用語集

用語集一覧

■ ブラインド

■ブラインド

ブラインドとは、窓の内側に付けられる窓のための覆いのこと。外側にいる人の視線から屋内を隠したり、太陽光や風を遮ったりするために取りつける簡単な仕掛のことです。

 

■ブラインドの歴史

ブラインドの日よけとしての機能は、古代エジプトの頃から熱帯樹の葉を利用したスクリーン状のもので強い陽射しを遮り、人目を避け、通風をよくする工夫がなされていたといいます。その後ペルシアに渡り、中世になってイタリア、ヨーロッパに広がり、イタリアのベニスではベネシャンブラインドの原型が生まれました。

日本のメーカーで製造が始まったのは昭和16年頃です。戦後進駐軍特需として本格的に製造が開始されました。高度経済成長期には次々と大型ビルに採用され、大型、電動式といったビル向けのブラインドが開発されています。

現在では、家庭でも簡単に使えるような操作性、様々なインテリアに合うデザインのブラインドが次々と生まれています。

 

■ブラインドの種類と特徴

ブラインドにはたくさんの種類があります。大きく分類すると、ベネシャンブラインド・バーチカルブラインド・布製ブラインドに分けられます。 それぞれ形・動き・機能・素材などに違いがあります。

 

・ベネシャンブラインド(横型ブラインド)

ベネシャンブラインド(横型ブラインド)は、水平に組まれたアルミニュウムの薄い羽を回転させてることによって日差しの差込に変化をくわえることが出来ます。

ベネシャンブラインド(横型ブラインド)が一番良く利用されるのがオフィス、浴槽、キッチンまわりなど水周りです。その理由としては、汚れにくい・さびにくいなどがあげられます。

 

・バーチカルブラインド(縦型ブラインド)

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)は、垂直に吊られた羽(ルーバー)を操作することによって、外からの光の調整をすることができます。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)の特徴の一つとして、羽(ルーバー)が、カーテン同様に布でできてタイプを選ぶことができることです(一部例外あり)。これにより、クールになりがちなイメージをすこし和らげることができ、使用場所も広くなります。

 

・布製ブラインド

ロールスクリーン、ローマンシェード、プリーツスクリーンなど布製のブラインドをいいます。

素材となる布は色柄のバリエーションが多く、シースルーから遮光までの透け具合、ウォッシャブル(洗濯可能)といった性能など様々な種類の布があります。

 

・その他のブラインド

ウッドブラインド、プリーツスクリーンなどがあります。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問い合わせは03-3251-1101

営業日:月~金
※年末年始・祝祭日を除く

メールでのお問い合わせはこちら

このホームページに掲載されている料金は、全て通常価格となっております。
製品をご要望のお客様、または施工・工事等に関するご相談、納期に関する問合せ、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。 弊社担当からご連絡差し上げます。お客様のご要望に応えられるよう、精一杯努力いたします!

ページの先頭へ